施工事例 | 東京・神奈川・横浜でハウスクリーニングのご依頼なら調和プロダクトサービス

045-360-7181受付時間 9時~18時

施工事例case

2020-12-19

横浜市 お住まいマンションの水垢クリーニング  12.13

  • before

  • after

お取引様よりマンション既住物件のハウスクリーニングを依頼されました。

今回は、確かに水垢汚れが酷かったのは事実なのですが、以前に入った業者「ハウスクリーニング」さんが

やらかしたと思われる擦りキズがバスタブ一面に展開していたので、ご自身でお掃除をなされる方にとっても

大きな注意すべきポイントを簡単にご紹介します。

◆浴室の水垢、石鹸カス汚れの原因について

水垢は水道水などカルキなどの成分(ミネラル分)が水分が蒸発して発生したもの

石鹸カス汚れはシャンプーや石鹸の成分が皮脂汚れなどとともに水で流され水道水のカルキも含めた複合的な汚れ

となります。

◆浴室、水垢、石鹸カス汚れの清掃方法

★本来は汚れの原因となる成分を理解し、その汚れ成分を中和(湿布や浸透)させて汚れを浮き出させて洗浄する。

が基本なのですが、、これをよく理解せずに「擦れば落ちる」としてしまう方が多々おられます。

蛇口やパイプ廻りの金属類ならともかく、バスタブなどはFRPなどによるプラスチック加工のものが多くその面材を

擦れば、どんなに柔らかいスポンジ(スコッチブライト)で擦っても面材は傷となり表面を荒らしてしまいます。

水垢は落ちたけど。表面が傷だらけで見栄えが悪い。。

お掃除の基本ではありますが、「汚れ成分を正しく理解し相対する成分の洗剤を塗布浸透させて中和させる」

擦る=× であることを知っておいて頂けたら幸いです。

この点も踏まえて、キレイに掃除するのは重労働で面倒!!という場合は、是非、私ども調和プロダクトサービスに

ご相談ください!!

お問い合わせCONTACT

無料見積もり・ご相談等、まずはお気軽にお問い合わせ下さい