お役立ちブログ | 東京・神奈川・横浜でハウスクリーニングのご依頼なら調和プロダクトサービス

045-360-7181受付時間 9時~18時

お役立ちブログblog

カルキを掃除で落とす方法!加湿器や水回り部分はどうする?

2021-05-14

加湿器にこびりついた白い物体や、水道の蛇口や鏡などに付着し、こすっただけでは簡単に取れない白い汚れが気になることはありませんか。
そんな厄介者であるカルキ汚れは、クエン酸を使うことで簡単に落とすことができます。
この記事では、そもそもカルキ汚れとは何なのか、加湿器やキッチン・浴室周辺など、部位別にカルキ汚れの落とし方について解説します。

カルキ汚れとは?

カルキ汚れとは、水道水を使っていれば必ず発生するものであり、水道水に含まれるミネラル分が固まることでできる汚れです。
水道水は様々なミネラル成分を含有していますが、その中でも主にカルシウムが固まることで白い汚れが残ってしまいます。

カルキ汚れにはクエン酸が効果的

前述した通り、カルキ汚れの正体はミネラル成分のかたまりです。
このミネラル成分はアルカリ性のため、酸性を使うことでカルキ汚れを簡単に落とすことができます。
酸性の食材といえばレモンが代表的ですが、お掃除に使うのであればホームセンターなどに売られているクエン酸を使うと便利です。

加湿器のカルキ汚れの掃除方法

加湿するために水道水を使用する加湿器では、タンクなどにカルキ汚れが付着しがちです。
加湿器のカルキ汚れは、クエン酸に漬け置き洗いすることで綺麗にすることができます。
カルキ掃除では、クエン酸と柔らかいスポンジ、バケツやオケなどの水を溜められる容器を準備しておきましょう。

加湿器のカルキ掃除の手順

1)用意したバケツ、またはシンクなどに水を溜めて、クエン酸を溶かします。
※クエン酸の分量は、水1リットルに対して大さじ1杯程度を加えます。
2)加湿器から取り外しできるパーツ、タンクやフィルターなどをクエン酸が溶けた水の中に入れて1〜2時間ほど放置します。
3)時間が経ったら、タンクなどを取り出してスポンジでこするだけでカルキ汚れが落ちます。
※クエン酸の酸性によってカルキが中和されているため、こすっただけでは落ちなかったカルキを簡単に落とすことができます。
4)汚れを落としたら、しっかりとすすぎ、乾燥させてから加湿器に戻して完了です。

加湿器から取り外して洗うことができる部品は、メーカーや製品の型番ごとに異なるため、あらかじめ確認しておきましょう。

シャワーヘッドや鏡など浴室のカルキ掃除

鏡や浴槽、シャワーヘッドなど、浴室もカルキ汚れが目立つ場所です。

浴室鏡のカルキ掃除の仕方

浴室にある鏡は、クエン酸で漬け置き洗いすることができないため、キッチンペーパーやラップを使用します。
クエン酸水は、水200mlに対して小さじ1杯の割合で溶かしたものをスプレーボトルに入れておきましょう。

1)まず白いカルキ汚れが付着している部分に、クエン酸水をスプレーします。
2)スプレーしたクエン酸が浸透するように、キッチンペーパーを貼り付け、さらにその上からクエン酸水をスプレーします。
3)その上からラップをかぶせ、1〜2時間放置します。
4)その後ラップとキッチンペーパーを剥がし、スポンジなどでこすり洗いします。
5)しっかりとすすいで、乾拭き用タオルなどで水気を取って完成です。

シャワーヘッドのお掃除方法

シャワーヘッドの汚れは、カルキ汚れが大半を占めています。
掃除の仕方は、クエン酸につけおき洗いすることで綺麗にすることができます。

1)バケツやシンクなどに水を溜め、水1リットルに対して大さじ1杯のクエン酸を溶かします。
2)シャワーヘッドを取り外し、クエン酸水に入れて1〜2時間程度放置します。
3)漬け置きした後は、スポンジやブラシなどでシャワーヘッドをこすり洗いします。
4)しっかりとクエン酸を水で流し、タオルなどで水気を拭き取ります。

タオルホルダー

意外にもカルキ汚れが付着して困りものなのが、タオルホルダーです。
こちらも上述した通り、クエン酸水に漬け置きし、スポンジなどでこすってカルキ掃除できます。
取り外しができない場合は、キッチンペーパーとラップでクエン酸パックをして、洗い流せば綺麗に落とすことができます。

キッチンの水垢やシンクの水垢の掃除方法

シンクに残る白い跡、雑巾で拭いただけでは落ちない水垢はカルキ汚れです。
加湿器や浴室のカルキ掃除と同様に、クエン酸に漬け置き、またはパックすることで落とすことができます。

用意するもの

・クエン酸スプレーボトル(水200mlに対してクエン酸小さじ1程度混ぜたもの)
・スポンジ
・キッチンペーパー
・歯ブラシ

カルキ掃除の手順

1)カルキ汚れがある部分に、クエン酸水をスプレーします。
2)キッチンペーパーを貼り、その上からさらにスプレーします。
3)10分程度放置し、スポンジや歯ブラシなどでこすり洗いします。

簡単には落ちにくいカルキ汚れの場合は、放置時間を長くする、クエン酸の濃度を高くするなどして調整してみてください。
クエン酸をしっかりと洗い流し、乾拭きをして掃除は終了です。

まとめ

以上、カルキ汚れの正体、加湿器やキッチン、浴室周辺など、部位別にカルキ汚れの落とし方について解説しました。
カルキ汚れはクエン酸を使って、時間をかけることで綺麗に落とすことができます。
とはいえ、忙しくて浴室やキッチンなどの細かな掃除をする時間が取れない、自分でやってもうまくいかないという人は一度プロにお任せしてみるのも良い方法です。
自分で作業するよりも楽ですし、仕上がりもプロならではのものになりますので、ぜひ検討してみてください。

関連記事

お問い合わせCONTACT

無料見積もり・ご相談等、まずはお気軽にお問い合わせ下さい