お役立ちブログ | 東京・神奈川・横浜でハウスクリーニングのご依頼なら調和プロダクトサービス

045-360-7181受付時間 9時~18時

お役立ちブログblog

光触媒の効果とは?室内で使うメリットや耐用年数は?

2021-07-08

光触媒という言葉を聞いたことがある人は多いかもしれません。
何となく「光を当てるとよいことが起こるもの」といったイメージを持っているかもしれませんね。
今回は、光触媒とは何かを解説しながら、光触媒の塗料を室内で使った場合のメリットと、その持続力についてまとめましたので、参考にしてください。

光触媒とは何か

光を当てることで強力な酸化力を生み出し、付着した有害物質などを除去する物質のことを光触媒といいます。
具体的には空気中に含まれるウィルスや細菌、有害物質などが光触媒に付着したときに、光を当てるだけで除去してくれるのです。
有名な光触媒としては二酸化チタンや酸化チタン、銀イオンがあります。
光触媒は、屋外で使用する塗料として知られていますが屋内でも効果的に利用できます。

光触媒は安全か

光触媒として使われることが多い二酸化チタンや酸化チタンは非常に小さな物質で、ナノマテリアルという範疇に属します。
化粧品や塗料に使われてきた物質で、食品添加物としても使われている物質です。
一部で「ナノマテリアルである二酸化チタンや酸化チタンは、人の体に入り込みやすいのではないか」と危惧されていますが、これまでのところは健康被害などの報告はありません。
銀イオンは抗菌作用や消臭作用が高い光触媒で、最近では洗濯用洗剤や冷蔵庫内などでも使われています。
銀イオンを含む消臭剤や制汗剤、汗拭きシートなども多く、身近にある物質の1つです。
飲料水の殺菌に銀が使われているのを考えても、銀イオンの有害性は低いと考えられます。

室内で光触媒を塗布した場合のメリット

屋外に比べて強い光が当たりにくい室内でも、光触媒を含む塗料を塗布したり光触媒が入った壁クロスを貼ったりすることにはメリットがあります。
具体的なメリットを4つ挙げていきましょう。

抗菌効果

身近な菌といえば、カビ菌などの真菌類。
カビには健康を害する危険性がありますが、光触媒はこれらを除去する効果が期待できます。

消臭効果

室内に残りがちな臭いを消す効果も期待できます。
臭いの多くは原因物質が存在しています。
光触媒はこのような原因物質を分解し、臭いの原因を除去してくれます。

シックハウス症候群の予防や軽減効果

シックハウス症候群は、建材や家具類の製造時に使われる塗料や接着剤などに含まれる「ホルムアルデヒド」という物質が原因といわれています。
光触媒はホルムアルデヒドを分解する効果があるため、シックハウス症候群の予防や軽減効果が期待できます。

汚れを防ぐ効果

日常生活を送っていると、知らないうちに壁にはさまざまな汚れが付着します。
気が付きにくいこれらの汚れの原因は、アンモニアやカビなどの場合もあります。
光触媒が含まれた壁紙であれば、これらの物質が付着したときに光を当てれば分解してくれるため汚れが付着しにくくなります。

室内の光でも効果は期待できる?

「光触媒は、強い光を当てることで効果が高まるのでは?」と感じる方も多いと思います。
実際に屋外塗料として使われることが多いのですが、屋内の弱い光でも効果は期待できるのか気になります。
光触媒は太陽光・蛍光灯などの光で効果を発揮しますので、室内用の光触媒であれば、室内の電気の光でも十分に効果が期待できます。

光触媒の耐用年数

さまざまな効果が期待できる光触媒ですが、光触媒が含まれる壁クロスは、一般のクロスに比べ割高ですし、壁に光触媒を塗布するのにはコストもかかります。
高い費用をかけて光触媒を室内に導入するのであれば、どのくらい持つのかが気になるところですよね。

光触媒が含まれる壁紙の場合

光触媒が含まれる壁紙の場合、壁紙に使われる光触媒自体は変化しないため、壁紙が劣化しなければ持続期間が続くと考えられます。
ただし、一般的な壁紙の耐用年数は6年といわれています。
また戸建て住宅での壁紙の張り替え目安は10年といわれていますので、光触媒の効果を維持するためには定期的な張替を検討しましょう。

光触媒コーティングの場合

光触媒を噴霧するコーティングを施工した場合、その効果の持続期間は3~4年が一般的です。
市販されている抗菌スプレーの場合には一般的には1週間程度、持続力が高いとされるものでも3カ月程度となるため、比較するとかなり長い効果が期待できます。
コーティングの場合壁紙ほど長持ちしませんが、壁紙を貼らない床や家具類などもコーティングできるメリットがあります。
普段よく手で触れるドアノブなどにも塗布できます。

まとめ

光触媒は光が当たることで汚れや、臭いの元などを分解してくれる物質です。
室内でも太陽光や蛍光灯の光で効果が得られます。
室内をきれいな状態に保ちたい方は、室内に光触媒の壁紙やコーティングを採用することを、検討されてはいかがでしょうか。

関連記事

お問い合わせCONTACT

無料見積もり・ご相談等、まずはお気軽にお問い合わせ下さい